TOEICスコア(点数)の目安について

TOEICスコア(点数)の目安について


メニュー雑記>TOEICスコア(点数)の目安について


TOEICは日本人の英語力を測る上で最もメジャーな手段です。

USCPAの勉強開始前にTOEICを受験することで、自分の英語力を知ることができると共に、TOEICスコアをもとにUSCPA合格までに要する期間を推定することもできます。

また、USCPAの勉強終了後にTOEICを受験すれば、これまでよりも飛躍的に点数を伸ばすことができるかと思います。

また、TOEICで高得点を取ることは就職、転職や昇進にも大きなメリットがありますので、USCPA試験と並行して積極的に受験するようにしましょう。

USCPAに合格するために必要なTOEICスコア

大体どれくらいの点数があれば、USCPAに合格可能な英語力があると言えるのでしょうか。

一般的には、TOEIC600点程度は必要と言われていますが、このスコアはリスニングとリーディングの合計スコアです。

USCPA試験にリスニングの要素は存在しないので、合計点で判断することはあまりお勧めしません。

 

私個人としては、勉強開始時点で「リーディングスコアが300点以上」であれば、勝負ができるラインには届いているかと思います。

リーディングが300点以上であれば、高校卒業程度の文法知識を概ねマスターできているレベルと言えます。

そこまで長い文章や構文が難しい文章、くだけた文章はUSCPA試験では出題されません。

英文のレベルで言えば、大学受験の長文読解に出てくるような文章の方がUSCPA試験よりもよっぽど難しいかと思います。

そのため、それほど高度な英語力は求められませんので、あまり心配する必要は無いかと思います。

TOEICスコアとUSCPA合格までの所要時間の関係

日本人にとってのUSCPA試験とは、如何に早く英語の問題文を読んで、如何に正確に出題意図を理解できるかという試験だと思っています。

実際に問題で問われていること自体は難しいものではなく、問題そのものの難易度としては簿記1級と簿記2級の中間くらいの簡単なものであると思ってください。

そのため、合格までに必要な学習期間は、各個人の「英語力」に大きく依存します。

もちろん、英語力が高ければ高いほど、合格までの所要時間は短くなります。

 

TOEICのリーディングスコアが400点以上(合計スコア800点程度)であれば充分です。半年以内の合格も狙えるかと思います。

リーディングが350点~400点(合計スコア700~800点程度)であれば、1年以内の学習期間でUSCPA合格に届く可能性は充分にあります。

リーディングが300点~350点(合計スコア600~700点程度)のラインが最も平均的な日本人受験生かと思います。

この場合も基本的には問題ありませんが、AUDやBECといった高い英語レベルが求められる科目で足踏みしてしまう可能性もあります。

このレベルの英語力であれば、1年~1年半程度の学習期間を要することになるかと思います。

受験が1年半もの長期に及ぶとなると、科目合格の失効リスクも高まってきますので、出来るだけハイペースでの学習計画を立てるようにしてください。

リーディングが300点未満(合計スコア600点未満)ともなると、まず先に英語を勉強した方が良いかもしれません。

また、1科目目を受験する前に4科目分のインプットをある程度終わらせておくことで、科目合格が失効してしまう可能性を極力低くするという戦略も有効かもしれません。

合格までの学習期間の目安としては、1年半以上は見ておく方が良いかもしれません。

USCPA合格後のTOEICスコア

USCPA試験の合格直後には、せっかくですので英語力の鈍らないうちにTOEICも受験することをお勧めします。

何ヶ月もの長期間に亘って、膨大な量の英語を読んできたことで、皆さんのリーディングスキルやスピードは間違いなく上がっているかと思います。

 

TOEICのリーディングスコアは当然のごとく上がっているかと思いますが、それに加えてリスニングのスコアが上がるポテンシャルも高くなっているのではないかと思います。

リスニングセクションは勿論リスニングの力が試される分野なのですが、問題文と選択肢をあらかじめ読んでおくことでリスニングそのものが楽になり、スコアを稼ぐことができる先読み」というテクニックが存在します。

リーディングのスキルが上がることで先読みのスピードや正確さも間違いなく上がりますので、リスニングセクションのスコアも上昇することになるかと思います。

USCPA合格レベルの英語力でTOEICを受験すれば、リスニングスコアは先読みの練習を少し行えば「従来の得点プラス30点」は取れるかと思います。

リーディングスコアは、文法問題を少し補強すれば「400点以上」は問題無く取れるようになるかと思います。

 

以上、TOEICスコアについて解説しました。

是非、英語力の落ちないうちにTOEICも受験しておくことをお勧めします。

以下の関連リンクもご覧ください。
>>必要となる英語力について
>>Written Communication(WC問題)の試験対策


メニュー雑記>TOEICスコア(点数)の目安について


いつもシェアありがとうございます。