CIA(公認内部監査人)の資格について

CIA(公認内部監査人)の資格について


メニュー雑記>CIA(公認内部監査人)の資格について


このページでは、CIA(公認内部監査人)という資格について紹介しています。

CIAとは、「公認内部監査人」を意味し、Certified Internal Auditorの略語です。アメリカの中央情報局ではありません。笑

なかなか聞くことのない名前の資格かもしれませんが、内部監査の業界ではそこそこ有名な難関資格です。

まだ日本での知名度や地位はそれほどではありませんが、国際的にはとても評価の高い資格です。

外資系企業の内部監査系職種では採用の要件になっていることも多く、ビジネスシーンにおいては肩書としてUSCPAに並んで記載されることもよくあります。

CIA(公認内部監査人)の資格は、USCPAとの相関関係が非常に強く、CIAの出題範囲のほとんどがUSCPA試験と重複しています。

私も実際に受験しましたが、CIA試験の出題範囲のおよそ9割が、既にUSCPA試験で勉強済みの分野からの出題でした。

通常の受験生であれば、合格するまでに6ヶ月程度の勉強時間が必要となるようですが、まだUSCPA試験の知識がまだ残っているうちに受験すれば、1ヶ月程度の学習期間で充分合格できます。

恐らくUSCPA試験合格者であれば、全く勉強しなくても既に合格ラインには達していると思います。

企業の不祥事が社会問題となっているご時世ですので、どの会社も内部統制部門の強化に力を入れており、CIAを持っていれば資格手当が出る会社も多いようです。

一度自分の会社での取扱いを調べてみた上でメリットがあるようであれば、USCPA試験の知識が残っているうちに積極的に受験することをお勧めします。

以下、簡単にCIA(公認内部監査人)の試験に関する概要を紹介します。

CIA(公認内部監査人)試験の概要

主催団体
IIA(The Institute of Internal Auditors 内部監査人協会)という団体が主催しています。
http://www.iiajapan.com/

受験形式
USCPA試験と似ており、3つのパートの科目合格制です。有効期限は4年ですが、難易度が高い試験では無いため、まず失効することは無いと思います。

受験方法
USCPA試験と同様にテストセンターでの受験となります。日本国内においては、札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、松山、福岡、那覇にテストセンターがあるようです。

出題言語
日本語での受験が可能です。問題内容は全世界共通で、日本語で受験した場合でも英語の問題文と選択肢を合わせて参照することが可能です。

問題の原文は英語で、それを日本語に直訳されているので、どうしても意味がよく分からない問題もあります。そのような場合は、英語の原文も参照しつつ解答することとなります。

試験範囲
約9割がUSCPA試験と重複しています。詳細はIIAのウェブサイトで確認してください。

合格基準
250点から750点に換算され、合格ラインは各パート共に600点以上です。つまり概ね7割で合格といったところです。

なお、USCPA試験と同様、採点基準は公開されていません。

難易度
どちらも一発合格できたので、USCPAの合格者であればそこまで難易度は高くないと思います。 合格した場合には自分のスコアは公表されないので、どの程度の余裕を持って合格できたのかは分かりませんでした。

不合格の場合にはスコアが公表されますので、次回への対策に繋げることができます。

受験料
登録費と3科目の受験料をトータルすると約14万円必要となります。IIAの会員であれば、トータルで9万円程度です。

なお、IIA個人会員の年会費は2万円ですので、入会後に受験する方がお得です。

ライセンス登録
全パートの合格に加え、内部統制に関連する実務経験が必要となります。

ライセンス更新
USCPAと同様に、ライセンス維持のためにはCPEの受講が必要となります。

 

以上、CIAについての解説でした。 特に、内部監査に関連する業務に関わりのある人は、是非受験を検討してみてください。

以下に、おすすめリンクを貼っておきます。
>>カフェ勉強のススメ


メニュー雑記>CIA(公認内部監査人)の資格について


 

いつもシェアありがとうございます。