カフェ勉強のススメ

カフェ勉強のススメ


メニュー雑記>カフェ勉強のススメ


毎日の試験勉強、本当にお疲れ様です。

私たちは人間ですので、誰だって勉強することには苦痛を伴うものです。

でも、出来ることならラクして楽しく勉強に集中したいものですよね。

このページでは勉強が辛いとき、やる気が出ないときでも勉強に集中できる方法を紹介しています。

その方法とは、カフェで勉強をすることです。

私がUSCPAの試験勉強をしていたときに使っていた方法なのですが、モチベーションアップにはとても効果があったので、皆さんも是非試してみてください。

カフェで勉強することによるメリットは、以下の通りです。

1. 誘惑や障害物を遮断できること
2. お金を支払っているので帰りづらいこと
3. 周りからの視線があること

誘惑や障害物を遮断できること

家にはテレビ、パソコン、雑誌、お菓子など、勉強のやる気を阻害するものが沢山あります。

外出することで、これらを全て遮断することができます。

特に、家に同居している人がいる場合は、会話や物音で結構集中力が削がれてしまうかと思いますが、外で勉強することで勉強に没頭することができます。

お金を支払っているので帰りづらいこと

勉強場所としては、図書館や公民館の自習スペースよりも、カフェがお勧めです。勉強場所にお金を支払うということが大きなポイントになります。

例えば図書館のようにフリーで使える場所の場合、席を確保して少し勉強したはいいものの、飽きてきたらすぐ帰りたいという衝動に駆られてしまうこともあるかと思います。

しかし、カフェのように多少なりともお金を支払っている場合は、折角お金を払って勉強しているんだからすぐに帰るのは勿体無い、というように抑止力が働きます。

ダイエットを始める際に、とりあえずジムに会費を払ってしまうことと同じ考え方ですね。

私にとっては、この「お金を払うことによる力」が最も効果的でした。

周りからの視線があること

他にも勉強している人がいる場所で、自分も勉強することがポイントです。

例えばサウナに入るときのことを考えてみてください。

自分が部屋に入ったときに先客がいたとして、その人よりも先に部屋を出てしまうのは、なんか恥ずかしいですよね。

勉強についても同じことが言えます。

カフェでテキストを広げて勉強していて、隣の席では高校生が長時間頑張って勉強しているのに、自分はずっとスマホをいじっていたり、自分だけすぐに集中力が切れて帰ってしまうのはなんだか恥ずかしいですよね。

その上、近くで勉強している人との間で目に見えない連帯関係を感じることができるので、これも集中力を持続させることへのモチベーションになります。(私だけの思い違いかもしれませんが・・・笑)

 

カフェや飲食店で勉強することは「悪」なのか?

よく、カフェや飲食店で勉強することに対して、「カフェや飲食店は勉強するところではない」、「カフェで勉強している自分に酔ってるだけだろ」という意見を持っている人も存在するようです。

しかし、私はそうは思いません。

確かに、勉強禁止と書かれた紙が貼られているのに自習をしていたり、消しゴムのカスを撒き散らして帰るのはもちろんマナー違反ですが、本来、カフェはお客さん1人1人が自由に時間を過ごすことができる場所です。

その空間で過ごす時間を含めて、お金を払っている訳ですから、何も悪く言われる筋合いはありません。

そもそも「勉強禁止」という貼り紙が意味不明です。

なぜ、コーヒー1杯で何時間も井戸端会議しているオバちゃんは許されて、勉強は許されないのでしょうか。

利用を制限するのであれば、その利用目的に限らず、全ての客の利用時間を制限するべきです。

「混雑時に勉強していると他の客に迷惑が掛かる」という意見もよく聞きますが、これも上で述べた通りです。

オバちゃんの井戸端会議が許されて、勉強が許されない理由が理解できません。

そもそも、店舗の混雑は利用客の責任ではなく、混雑をマネジメントすることができない店側の責任です。

井戸端会議している客が悪いわけでも、勉強している客が悪いわけでもありません。

店側が全てのお客さんの利用時間を制限するか、それが無理であれば、店側が入店できないお客さんに謝ればいいだけの話です。

一部の目的で利用している客だけをスケープゴートにするやり方には、納得がいきません。

とは言え、運悪く勉強禁止の店舗に当たってしまった場合、最終手段はスマホで勉強することです。

そして、次からは他の店に行きましょう。

勉強に使えるアプリもたくさん出ていますので、是非活用してください。
>>スマホアプリを勉強に活用しよう

 

以上、いかがだったでしょうか。もちろん周囲に迷惑を掛けない範囲で、カフェでも勉強に取り組んでみてください。

家から近くて、夜遅くまで開いており、比較的空いていて、他にも勉強している人がいて長時間滞在しやすいカフェを早めに見つけておくことをお勧めします。

ドリンクの値段が安ければ尚更良しです。以下のページで勉強場所として使える各コーヒーチェーンを比較しています。
>>勉強場所に使えるお勧めカフェ・飲食店


メニュー雑記>カフェ勉強のススメ


いつもシェアありがとうございます。