アラスカ州に関するあれこれ

アラスカ州に関するあれこれ


メニュー雑記>アラスカ州に関するあれこれ


このページでは、勉強の息抜きとしてアラスカ州について紹介していきたいと思います。

アラスカ州は豊かな自然に囲まれた、とても美しい州です。

アメリカ合衆国の中で最も北に位置する州で、合衆国本土とはカナダを隔てて飛び地になっています。

また、ベーリング海を隔てて、ロシアとの国境が存在する州でもあります。

アラスカは、アメリカ合衆国が1867年にロシアから買収して手に入れた土地です。

クリミア戦争で財政難だったロシアから、1平方キロあたりたったの5ドル、合計720万ドルで購入したのです。

当時の720万ドルは、現在の1億2300万ドルに相当するようで、それを勘案しても格安の購入だったように思います。

買収当初は非難も多かったようですが、多くの天然資源がアラスカから見つかり、このアラスカ購入は後に高く評価されることとなりました。

 

アラスカと言えば、エスキモーが有名ですが、本土の先住民と同じようにインディアン管理局の管理下に置かれ、連邦政府が認定した部族のみが、保留地(Reservation)を保有しています。

エスキモーは、生活援助や天然資源と引き換えに保留地を選択し、移動生活を放棄しています。

よくテレビや映画で見るような犬ぞりは現在ほとんど使われておらず、スノーモービルが中心となっています。

 

平均年収が高い州ということもあり、最も共和党の支持基盤が強い州でもあります。

石油・ガス産業・水産物が経済の中心で、原油の埋蔵量が多いことによる石油関連産業がアラスカ州の主要産業を形成しています。

以下、アラスカ州の基礎データを紹介していきます。

州の愛称:The Last Frontier、Land of the Midnight Sun、Seward’s Icebox

最後のフロンティア、真夜中の太陽の土地、スワードの冷蔵庫など、この州には多くの愛称が存在します。

面積:約171万 km²

全米第1位の面積を誇っており、全米第2位のテキサス州の2倍以上の面積を有します。

人口:約71万人

人口は非常に少ない州で、全米第47位となっています。

ちなみに人口密度は0.4人/km²と全米最低です。

主要都市:

1. アンカレッジ 約26万人
アラスカ州の人口の半数はアンカレッジ都市圏に住んでおり、アラスカ州で10万人を超える都市は、このアンカレッジのみです。

なお、州都ジュノーの人口は約3万人です。

隣接州:無し

アラスカ州は飛び地となっています。

なお、東はカナダのユーコンテリトリーやブリティッシュコロンビア州と接しています。

合衆国加入:1959年

アメリカ合衆国49番目の州です。1959年に準州から州へ格上げになりました。

時差:UTC -9~-10時間

日本との時差は18~19時間です。アメリカの東部や中部と比較すると、時差ボケによる影響はそれほど大きくありません。

人種構成:

白人64%、先住民15%、ヒスパニック6%、アジア系5%、黒人3%

他の州に比べ、先住民の比率が高め、黒人の比率が低めとなっています。

最高峰:デナリ(マッキンリー)(6,194m)

アラスカ州どころか、北アメリカ大陸の最高峰です。

植村直己が登頂し、下山時に行方不明になったことでも有名な山ですね。

日本からの航空便:

貨物便を除き、日本との直行便はありません
シアトル、バンクーバー、ロサンゼルスなどを経由するルートが一般的です。

主な観光名所:

デナリ国立公園
登山やトレッキング、動物観察を楽しむために、年間数十万人が訪れる人気スポットです。

オーロラ観察
アラスカのフェアバンクスという都市は晴天率が高いこともあり、オーロラが見える都市として有名です。

オーロラのベストシーズンは日照時間の短い冬季です。

アラスカ鉄道
夏季の観光シーズンには、アンカレッジから南北に1日1本運行されており、フェアバンクスやデナリ国立公園とも繋がっています。

車窓からはアラスカの大自然を満喫することができます。

氷河クルーズ
クルーズ船から大規模な氷河の崩壊や、多くの流氷を見ることができます。

以上、アラスカ州に関する豆知識でした。

是非、以下のページもご覧ください。
>>ワシントン州に関するあれこれ
>>出願する州を決める


メニュー雑記>アラスカ州に関するあれこれ


いつもシェアありがとうございます。