大学生・大学在学中のUSCPA受験について

大学生・大学在学中のUSCPA受験について


メニューUSCPA試験を受験するまで>大学生・大学在学中のUSCPA受験について


日本の公認会計士試験は大学在学中に挑戦する人が多いですが、アメリカのUSCPA試験は大学卒業後に挑戦する人が大半を占めます。

その大きな理由はUSCPAの受験資格にあり、ほとんどの州においては「4年制大学卒」という受験要件が存在するために、このような状況になっています。

大学生は在学中に受験できない州が多く、大学生も出願することができるのは一部の州に限られてきます。

日本人が大学在学中に受験できる州として、お勧めの州はアラスカ州、モンタナ州、ニューヨーク州です。

アラスカ州の受験要件

アラスカ州に出願するためには、原則として4年制大学卒業が必要です。

しかし、在学中の場合には、卒業までの必要総単位が18単位以下、かつ会計単位を15単位以上取得していれば、例外的に受験可能です。

受験タイミングは早くても大学4年生の夏以降となってしまいますが、最も単位要件が易しいため、お勧めです。

モンタナ州の受験要件

モンタナ州に出願するにあたって学位要件は存在しないため、大学在学中でも出願することができます。

単位要件は会計単位24単位、ビジネス単位が24単位です。

総取得単位数の要件は無いため、他の州よりも早いタイミングで受験が可能になり、最短で大学3年生の夏以降には受験できます。

ニューヨーク州の受験要件

ニューヨーク州に出願するにあたって学位要件は存在しないため、大学在学中でも出願することができます。

総取得単位数は120単位、うち会計単位12単位以上という単位要件が課されます。

 

以上、大学生でも受験が可能な州の受験要件をご紹介しました。

なお、「受験要件」と「ライセンス登録要件」は異なるため、必ずしも合格後にこれらの州でライセンス登録できるわけではありませんので、ご注意ください。

ライセンスを取得するにあたっては監査の実務経験が必要となる州がほとんどです。

監査の実務経験が無い場合は、監査の実務経験が不要なワシントン州へこれらの州の合格実績をトランスファーし、ワシントン州にてライセンス登録することになるかと思います。

監査の実務経験が無い人は、上で紹介した3つの州でライセンス登録することはできず、いずれワシントン州へトランスファーすることになるかと思いますので、出願する州はとりあえずアラスカ州、もし4年の夏まで受験を待たずに受験したい場合はモンタナ州を選んでおけば良いかと思います。

以上、大学在学中のUSCPA受験について解説しました。

以下の関連リンクも是非参考にしてみてください。
>>大学生が就職活動までに取得しておくべき資格
>>出願する州を決める


メニューUSCPA試験を受験するまで>大学生・大学在学中のUSCPA受験について


いつもシェアありがとうございます。