Wiley、Becker、Gleim、Rogerの問題集を徹底比較

Wiley、Becker、Gleim、Rogerの問題集を徹底比較


メニューUSCPA試験を受験するまで>Wiley、Becker、Gleim、Rogerの問題集を徹底比較


洋書のテキストや問題集としては、Wiley、Becker、Bisk、Gleim、Rogerなど、色々な種類がありますが、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

このページでは、おすすめの問題集を紹介しております。

最初に申し上げておくと、これらの参考書については複数に手を付ける必要はありません。非効率です。

全ての出版社のテキストや問題集は、USCPA試験の全範囲を網羅するように作成されていますので、1つの問題集を完璧に仕上げることに力を注いでください。

では、それぞれの特徴について、1つずつ紹介していきます。
※Biskは買収に伴って廃版となりました。合掌。

Wiley

価格:約12,000円/1科目 
お勧め入手方法:Amazonで購入
https://www.Amazon.co.jp

ド定番。このWileyを使う受験生が一番多いのではないかと思います。

正直に申し上げると、問題集で合否は変わらないので、迷うことに時間を取られるくらいならさっさとこれで勉強してください。その方が時間の有効活用です。

このページで紹介している問題集のうち、Amazonでも入手可能できるのはWileyだけですので、日本人にとっては最も楽に購入できます。

なお、2018年度版のSTUDY GUIDEにはMC問題やTBS問題は含まれていませんので、問題集として購入してはいけません。

つまり、2017年度版のSTUDY GUIDEか、2018年度版のOnline Test Bankを使うことになりますが、常にパソコンを持ち歩くのは手間なので、Online Test Bankはあまりお勧めしません。

2017年度版のSTUDY GUIDEでも、特に大きな改正もありませんし、収録内容もほとんど一緒ですので問題ありません。おまけに1年古いものですので割安で買えます。

在庫が切れかかっていますので早めに2017年度」のSTUDY GUIDEを購入しておくことをお勧めします。

ちょっと探しにくいので2017年度版へのリンクを貼っておきます。
Wiley CPAexcel Exam Review January 2017 Study Guide: Complete Set (Wiley CPA Exam Review)

Becker

価格:約20,000円/1科目 
お勧め入手方法:オークションサイトで購入

TACの受講生は、Beckerを用いて学習を進めることができます。

しかし、それ以外の受験生はBeckerをAmazonや書店で購入することは不可能なようです。

問題集だけの販売も行っていないようで、Beckerのウェブサイトでコースそのものを受講すれば問題集は付属してくるようですが、非常に高額です。

Supplemental QuestionsはBeckerのウェブサイトで販売されているものの、300問で150ドルと問題数は少なく高額です。

が、ここで朗報です。

BeckerはTACの教材として利用されているので、ヤフオクに沢山転がっています。

相場としては、新しいものであれば、1科目20,000円前後で購入できるようですので、こちらを購入することをお勧めします。

Gleim

価格:250ドル/1科目 
入手方法:Gleimウェブサイトから直接購入
https://www.gleim.com/cpa-review/
SHOP CPA COURSES⇒CPA Mega Test Bank Supplement⇒Purchase by Section

Amazonや書店での購入は不可能なようですので、直接Gleimのウェブサイトで購入することとなります。

Purchase by Section を選択することで、1科目ずつ購入することができます。

個別に購入しても4科目まとめ買いしても、価格は1ドルしか変わりません。

Roger

価格:595ドル~/1科目 
入手方法:Rogerウェブサイトから直接購入
https://www.rogercpareview.com/

大原の受講生は、Rogerを用いて学習を進めることができます。

しかし、それ以外の受験生はRoger問題集をAmazonや書店で購入することは不可能なようです。

問題集だけの販売は行っていないようで、Rogerのウェブサイトでコースそのものを受講すれば問題集は付属してくるようです。

この場合、1科目595ドル以上掛かります。まとめ買いで若干安くはなるようですが、選択肢からは外してしまっても良いかと思います。

 

以上、洋書の問題集の比較でした。以下に関連リンクも貼っておきます。
>>独学のためのテキスト・問題集


メニューUSCPA試験を受験するまで>Wiley、Becker、Gleim、Rogerの問題集を徹底比較


いつもシェアありがとうございます。