独学のためのテキスト・問題集

独学のためのテキスト・問題集


メニューUSCPA試験を受験するまで>独学のためのテキスト・問題集


>>独学か専門学校(予備校)か のページでもお伝えした通り、基本的には独学するよりも専門学校を利用する方がお勧めです。

しかし、どうしても独学で挑戦したいという人のために、独学でUSCPAに合格するポイントを記載していきたいと思います。

私自身、独学でUSCPAに合格しましたので、USCPAは独学で合格することがすることができるのか?という問いに対する答えは「YES」と自信を持って答えます。

しかし、学習負荷という面では独学の方が辛く、効率も悪いものと考えてください。この学習負荷を少しでも減らすために、このページの内容が少しでも助けになれば幸いです。

このページでは、独学のための参考書(テキストと問題集)について解説しています。

独学のためのテキスト

独学と言えども、USCPA用の教材や参考書が無ければ話になりませんので、まずはテキストと問題集を購入することとなります。

まずテキストですが、日本語ベースのテキストと洋書のテキストが存在します。

日本語ベースのテキストは、アビタス(abitus)、プロアクティブ、TAC等、日本の専門学校で使われる教材です。専門学校の教材ですので、市販されていません。

一方、洋書のテキストはWiley(ワイリー)、Becker(ベッカー)、BISK(ビスク)等、米国の出版社のテキストです。

他のサイトや掲示板では、英語のテキストを勧める声がちらほら聞こえますが、絶対にやめておきましょう。

まずは日本語のテキスト(もちろん英語は併記されてます)でしっかりと内容や考え方を理解することが第一です。

 

そのため、アビタス(abitus)、プロアクティブ、TACの中から選択することになるかと思います。

各社のテキストの特徴としては、アビタス(abitus)は全範囲を満遍なくきっちりと学習でき、逆にプロアクティブは必要最小限の学習で効率良く合格できるというスタンスです。TACはその中間といったところでしょうか。

どのテキストでもしっかり勉強すれば問題無く合格できるので、これらの中であれば好きなものを選択して構わないと思います。

非売品ですので、オークションサイト等で購入することになるかと思います。私はちょうどヤフオクでアビタス(abitus)の中古テキストと問題集が安く出品されていたので、アビタス(abitus)のテキストで学習を進めました。

私はヤフオクにて、約3万円で3年前のテキスト・問題集を購入することができました。

BECやAUD、REGについてはあまり基準改正の影響を受けないため、中古のテキストを使用しても基本的には問題ありませんが、FARについては改正により頻繁に基準が変わりますので、ネット等で改正点をリサーチしておきましょう。

中古のテキストを購入するにあたっては、5年以上昔のものは避けた方が無難です。

独学のための問題集

テキストで一通りの内容を理解した後は、問題集で問題演習を行います。

まずは、上記のテキストとセットになっている専門学校の問題集に取り組んでください。

大抵の場合、オークションサイトでは専門学校のテキストと問題集がまとめて一緒に出品されているかと思います。

しかし、これだけでは内容が基礎的で分量的にも不足していますので、Wiley(ワイリー)、Becker(ベッカー)、BISK(ビスク)等、米国の出版社の問題集にも取り組むことになります。
※BISKは買収に伴って廃版となりました。合掌。

FARについては難易度も低いため、日本の専門学校の問題集のみで充分合格点に達しましたが、他の3科目については洋書の問題集も解くことをお勧めします。

私自身はWiley(ワイリー)を使いましたが、問題集も上に挙げた有名どころの問題集であれば、正直どれも大きな差はありません。

迷うのであれば、定番のWileyで問題無いです。迷ってる暇があるなら、その時間を勉強時間に充てる方が有益です。

Wiley CPAexcel Exam Review January 2017 Study Guide: Complete Set (Wiley CPA Exam Review)

ただ一つ言えることは、洋書の非常にボリュームの多い問題集をいくつも購入するのは愚の骨頂です。

問題集は全範囲をしっかり網羅されるように作られているので、WileyならWileyだけで充分です。全問理解して解けるようになることを目標にひたすら回しましょう。

1つの問題集を全問正解できるのに、試験本番で不合格になってしまうという人は、勉強の仕方を何か根本的に間違っています。

なお、これらの問題集について以下のページで比較しておりますので、是非参考にしてみてください。
>>Wiley、Becker、Gleim、Rogerの問題集を徹底比較

テキストと問題集の使い方

私の場合は、

1. テキスト学習でインプット
2. アビタス問題集を、全ての問題を2回連続で正解できるまでひたすら解く。(2回連続で正解した問題は時間の無駄なので、もう解かない)
3. Wiley問題集を、各セクション9割程度正解できるまでひたすら解く。

という流れで学習を進めました。

Wiley問題集を9割程度正解できるようになった段階で試験に臨むという形をとっていましたが、各科目完成するまでに2~3ヶ月程度掛かりました。

学習方法は、以下のページでも紹介しております。
>>USCPA学習方法総論

以上、適切な教材を選んだ上で、理解重視の学習をコツコツ積み重ねることで、独学でもUSCPA試験に合格することができますので、皆さんも頑張ってください。

 

各専門学校の比較は以下のページへどうぞ。
>>専門学校(予備校)について

 

 

ここ最近の好景気の中、USCPAの転職市場は非常に活発になっています。

とても良い条件での転職案件が頻繁に出ていますので、以下のページも是非ご覧ください。
>>USCPAの転職活動について


メニューUSCPA試験を受験するまで>独学のためのテキスト・問題集


いつもシェアありがとうございます。