出願手続の流れについて

出願手続の流れについて


メニューUSCPA試験を受験するまで>出願手続の流れについて


このページはUSCPA試験の出願手続について解説しております。

独学でUSCPAを受験するにあたり、得られる情報が少なく最も苦労した部分が、この出願手続でした。

このページではアラスカ州への出願を例に解説しておりますので、是非参考にしてください。

出願手続の流れ

1. 出願州の決定
2. 英文成績証明書・英文卒業証明書の取り寄せ
3. 学歴審査
4. 不足単位取得
5. 願書提出
6. テストセンター予約

これらの項目について、順に説明していきます。

1. 出願州の決定

まずは、受験願書を提出する州を決める必要があります。

>>出願する州を決める のページを参考に、出願州を決めてください。

監査の実務経験を持っていない場合は、
・アラスカ州出願⇒ワシントン州ライセンス登録
・ワシントン州出願⇒ワシントン州ライセンス登録
・グアム出願⇒グアムにてサーティフィケート取得(Inactive License)
のいずれかのパターンを選ぶ人がほとんどかと思います。

各州の受験資格とライセンス登録要件を確認した上で、最も適した州に出願するようにしてください。

2. 英文成績証明書の取り寄せ

日本の大学を卒業している人は、学歴審査の際に成績証明書が必要となりますので、自分の出身大学から厳封英文成績証明書を取り寄せる必要があります。

私の場合は、2通取り寄せて、1通は出願州と必要追加単位について専門学校へ相談するために使用し、もう1通は学歴審査送付用(厳封)として使用しました。

申込から受取まで、1週間程度掛かる大学が多いようです。詳細については出身大学のウェブサイトでご確認ください。

なお、英文成績書内に卒業年月日の記載が無い場合、英文卒業証明書も必要となります。よく分からない場合は、英文卒業証明書も合わせて手配するようにしましょう。

3. 学歴審査

州により異なりますが、NIES又はFACSという学歴審査機関へ必要書類を送付し、学歴審査を依頼します。

学歴審査とは、日本の大学を卒業した場合に、そこでの学位や単位がアメリカにおける学位や単位と同等であるという証明をするためのものです。

そのため、アメリカの大学を卒業している場合には、この学歴審査は不要となります。

アラスカ州はNIESへの依頼でした。ちなみに、ワシントン州もNIESですので、合格実績をアラスカ州からワシントン州へトランスファーする場合には、少額の再審査料だけで済みます。

学歴審査の結果が返送されてくるまで約2ヶ月掛かります。この結果を受けて願書を提出し、NTS(受験票)を受領することになるため、早めに手続を済ませましょう。

詳細は、>>学歴審査の申込方法 をご覧ください。

4. 不足単位の取得

学歴審査の結果を受けて、もし受験資格の単位が不足している場合は追加で取得しなければなりません。

基本的には、専門学校と提携している大学で追加単位を取得できます。

単位取得自体は難しいものではなく、簡単なウェブテストを受けるだけで問題無く取得することができます。

なお、独学の場合は追加単位取得のところで大きなハードルが立ちはだかります。

ライセンス取得にあたっての追加単位取得であれば、合格後に、専門学校へライセンス取得サポートだけを申し込めば提携先の大学で単位取得が可能なのですが、受験資格を満たすための追加単位取得の場合は、専門学校で授業を受講するほかに方法は無いと思われます。

もしかしたら、独力で米国のどこかの大学に申し込みをして単位を取得して、という選択肢があるのかもしれませんが、時間が掛かるのは目に見えていますし、単位がしっかりと認定されないというリスクもあります。

このような場合は、独学は諦めて専門学校を受講しましょう。

5. 願書提出

学位や単位が受験要件を満たした場合、州に出願申請することとなります。

アラスカ州は不要でしたが、公証(Notarize)が必要となる州が多いようです。

ご自身の州の出願要件をしっかり確認してください。

約2ヶ月後NTS(受験票)が送付されてきます。NTSの有効期限は半年ですので、半年間で受験準備が完了する科目のみ出願しましょう。

詳細は、>>願書提出の方法 をご覧ください。

6. テストセンター予約

NTS(受験票)を元に、プロメトリックテストセンターの予約を取ります。

この段階では、東京と大阪の試験会場は予約画面に表示されません

NASBAウェブサイトから日本受験追加費用を支払った段階で、これらの試験会場も予約をすることが可能になります。

土日は人気があるため、早めに予約しておく必要があります。予約後に受験日時の変更も可能ですが、若干の手数料が掛かります。

詳細は、>>テストセンターの予約方法 をご覧ください。

 

以上、手続を開始してから、実際に受験するまで約4~6ヶ月は掛かります。

これらの手続だけでも非常に長期間となりますので、受験開始時期を考慮した上で、早めの出願手続を行うことが必要となります。


メニューUSCPA試験を受験するまで>出願手続の流れについて


いつもシェアありがとうございます。