USCPA試験を受験するまで

USCPA試験を受験するまで


メニュー>USCPA試験を受験するまで


このページは「USCPA試験を受験するまで」に関するページメニューです。
画面上部のメニュー、又は以下のリンク一覧より各ページへお進みください。

— 受験スケジュールを計画する
戦略的に受験スケジュールを立てる方法を解説しております。科目合格の有効期限は18ヶ月で、その期間を過ぎると失効してしまいます。万が一の事態に備えて出来るだけ短期間で合格するためのスケジューリングをお勧めしています。

— 出願する州を決める
受験するために必要な学歴要件や単位要件と、ライセンスを取得するために必要な要件は州ごとに異なります。自分に適した州の選び方を解説しております。出願前にしっかりと確認した上で、願書を提出するようにしましょう。

— 各科目の受験順序を決める
おすすめの受験順について解説しております。科目合格の失効リスクや各科目間の試験範囲の重複を考慮して受験する順番を決める必要があります。順番を誤ってしまうと、各科目の知識を混同してしまったり、まだ学習していない分野から出題されてしまうことも起こり得ます。

— 必要費用を見積もる
USCPAの受験とライセンス登録には、想像以上にお金が掛かります。私自身が要した費用と、費用削減のポイントを解説します。必要となる金額と、資格取得により得られるリターンを天秤に掛けて、USCPA試験に挑戦するか否かを決めるようにしてください。

— 日本受験とアメリカ受験の費用比較
USCPA試験は日本でもアメリカでも受験が可能です。一度に多くの科目を受験すればするほどアメリカ受験がお得になります。このページでは費用面を含めたメリット・デメリットを紹介しています。

— 出願手続の流れについて
USCPA試験の出願を行うために必要な、成績証明書の取り寄せ、学歴審査、追加単位取得、願書提出からテストセンター予約までの一連の流れについて説明しております。

— 学歴審査の申込方法
出願手続の一環として、学歴審査機関に日本の大学で取得した単位の審査を依頼する必要があります。このページでは、この学歴審査について詳しい流れを説明しております。

— 願書提出の方法
NTS(受験票)を取得するために、願書を受験する州へ送付して、受験料を支払います。州によって、オンラインにて申請する場合と、紙の願書を送付する場合があります。

— テストセンターの予約方法
プロメトリックテストセンターの空席確認方法、受験予約の方法を紹介しています。土日祝日は予約が込み合いますので、勉強の目途がついてきたら早めに予約に動き出すことをお勧めします。

— 独学か専門学校(予備校)か
独学と通学のメリットとデメリットについて解説しております。私自身は独学で合格しましたが、金銭的に余裕があるのであれば専門学校(予備校)への通学をお勧めします。皆さんが学習スタイルを決定する上での助けになれば幸いです。

— 独学について
自らの学習経験をもとに、独学で学習を進めていく上での、おすすめ参考書を紹介しております。合格ラインに到達するために、何冊もの問題集やテキストに手を付ける必要はありません。これと決めた問題集やテキストに対して、しっかりと取り組んでください。

— 専門学校(予備校)について
大手専門学校の受講料、各校の学習スタイル、単位取得、ライセンス取得サポート制度について比較しています。学習スタイルは人によって最も好き嫌いの分かれる部分かと思いますので、専門学校は慎重に選んでください。

— Wiley、Becker、Gleim、Rogerの問題集を徹底比較
洋書のテキスト、問題集である Wiley、Becker、Gleim、Rogerについて、それぞれの価格や入手方法を紹介しております。選んだ問題集によって合否が分かれるようなことはありませんので、価格が安く手に入りやすいものを選べば良いかと思います。

— 大学生・大学在学中のUSCPA受験について
まだ四年制大学卒の学位を持っていない、大学在学中というステータスであっても、一部の州ではUSCPA試験を受験することができます。このページでは各州の特徴を説明しております。

— 独学でUSCPAに合格してみた
USCPAの受験にあたっては、ほとんどの人が専門学校を利用するかと思いますが、私は独学で合格することができました。他にも独学で挑戦しようと考えている人がいましたら、是非このページを読んでいただきたいと思います。


メニュー>USCPA試験を受験するまで


 

いつもシェアありがとうございます。