ライセンスの年間維持費用について

ライセンスの年間維持費用について


メニューUSCPA試験に合格した後>ライセンスの年間維持費用について


このページでは、USCPAのライセンスの維持更新に年間あたりどれくらいの費用が掛かるのか解説していきたいと思います。

結論から先に書くと、年間約150ドルの維持費用が掛かります。

内訳としては、大きく分けてライセンス更新料CPEの受講費用の2つが必要となります。

ライセンス更新料

例えばワシントン州の場合、3年間ごとにライセンスを更新する必要があり、更新費用は230ドルです。つまり、1年あたり約77ドルが必要となります。

更新時期が近付くと、登録した州の会計士協会からUSCPAライセンス更新のリマインダーが届きますので、それに基づいてライセンス更新料の支払手続をすることとなります。

ライセンス更新の流れとしては、Board of Accountancyのウェブサイトへアクセスし、個人情報とCPE単位に関する情報を入力した後、クレジットカード情報を入力して更新料を支払うこととなります。

もし期限までに支払処理まで終わらせることができず、ライセンス更新手続が遅れてしまうと、100ドルもの高額な遅延料金を取られてしまいますので注意しましょう。

CPEの受講費用

選択するCPE業者により異なりますが、1年間単位取り放題の料金プランで200ドル程度掛かると考えてください。

ライセンスは3年に1回の更新ですので、1年あたりで考えると、200÷3=約67ドルです。
⇒ この度、ワシントン州の制度変更により、毎年単位を取得することが義務付けられるようになりましたので、ご注意ください。

最安であれば、CPE Depotという業者を使って年間149ドルで受講できます。受講するコースのクオリティを求めるのであれば、AICPAが直接運営しているCPExpressで年間457ドル(AICPA非会員価格)となります。

好きな講座だけを個別にお金を払って受講すればもっと高額な費用が掛かりますので上を見ればキリが無いのですが、ほとんどの人は年間200ドル程度で単位取り放題の料金プランを選択することになるかと思います。

以下のページで、主要なCPE業者の料金プランについて詳しく紹介しております。
>>CPEについて

なお、監査法人にて勤務されている人であれば、社内研修もCPE単位として計算に含めることができますので、CPE単位取得の負担は少なくなります。

CPEの単位取得は手続きなどが若干面倒ではありますが、テストの難易度としては簡単に取得できます。

CPEが難しくて取得できないのでライセンスを更新できない、というようなことは起こり得ませんので、その点はご安心ください。

 

ライセンス更新について

なお、CPE単位は、ライセンスが失効する前年末までに取得しておく必要があるようです。ライセンス更新のタイミングまでではありませんので、注意が必要かと思います。

念のため、ライセンスを保有している州の要件をしっかり確認するようにしてください。

USCPAがCPEを適切に受講しているかという点については、州のライセンス監査においてチェックされることとなります。

ライセンス監査とは、州の公認会計士協会がライセンス保有者をランダムで抽出し、各種書類の記載内容が事実であることを確認するための監査です。

監査対象に選ばれ、実はCPE講習を受けていなかった等、記載内容が事実でないことが判明した場合は処分を受けることとなります。

うっかり処分を受けてしまうことの無いよう、各州のCPE要件をしっかり確認しておき、適切にCPEを受講するようにしてください。

 

以上、ライセンス更新費用とCPE費用を合わせて、USCPAのライセンスは年間約150ドルで更新することができます。日本円にすると、約15,000円です。

維持費が結構高いように思われるかもしれませんが、実は日本の公認会計士や税理士と比べると、非常に安くライセンスを維持することができます。

日本の公認会計士の場合、公認会計士協会の年会費約6万円、地域会の会費約5万円が年間の維持費用として必要となる上に、年間40単位のCPEも受講する必要があります。

また、税理士の場合は、各エリアの税理士会の会費として、1年あたり本部会費で約8万円、支部会費で約2万円を支払う必要があります。なお、登録する地域によって、この金額は若干異なります。

このように、日本の会計資格はそれぞれ年間で10万円以上の維持費用が掛かります。

これらと比較すると年間15,000円でライセンスを維持できるUSCPAはかなりランニングコストの安い資格であると言えます。

むしろ、日本の士業の資格維持費用が異常に高いというべきかもしれませんが。

 

また、USCPAはランニングコストだけでなく、資格取得費用も日本の会計資格と比べると安く済みます。

会計士や税理士は資格取得までに100万円以上の費用が掛かりますが、USCPAはこれらの半分程度で取得することができます。

その一方で、メジャーな監査法人では基本的に会計士や税理士と同じ給与テーブルに乗ることができるので、USCPAは非常にコストパフォーマンスの高い資格であると言えます。

その他、関連リンクも貼っておきますのでご覧ください。
>>ライセンス登録について
>>USCPAのコストパフォーマンスについて


メニューUSCPA試験に合格した後>ライセンスの年間維持費用について


いつもシェアありがとうございます。