USCPAの転職活動について

USCPAの転職活動について


メニューUSCPA試験に合格した後>USCPAの転職活動について


このページでは、USCPAの転職活動について解説しています。

転職活動の方法を大きく分類すると、
・各企業のサイトから直接申し込む
・転職エージェントを利用する
の2つが存在します。

USCPAの転職活動は転職エージェントを活用すべし

これら2つの方法のうち、USCPAの転職活動にあたっては転職エージェントを利用することがほとんどです。

その理由としては、専門性の高い職種であるために非公開求人が多いことが挙げられます。

各企業のサイトというものは、企業内部の社員も閲覧することができますので、言い換えると人事情報が筒抜けとなるわけです。

ましてや、人数が少なく専門性の高いポジションなら尚更です。

この職種を募集しているということは、あの人は別の部署へ異動するのではないか、あの人の代わりの人材を年収xxx万円で募集しているということは、あの人もこれくらいの年収を貰っているのか、等々の情報が漏れてしまうことになります。

こういったことを出来る限り防ぐため、各企業は特に専門性の高い職種については転職エージェントを通して求人を出すことが多いのです。

そのため、会計士や税理士、USCPA専門の転職エージェントを活用して転職活動を進めるようにしましょう。

会計士・USCPA専門の転職エージェントについて

上述の通り、専門性の高い求人は会計士・USCPA専門の転職エージェントに集まってきますので、このようなエージェントに登録しておくことをお勧めします。

すぐに転職する気が無い場合でも、登録さえしてしまえば色々な求人情報が定期的に送られてきますので、これを眺めているだけでも非常に面白いです。

まだ勉強中や科目合格の段階の人でも登録は可能ですので、勉強へのモチベーションを上げる意味でも登録してみてはいかがでしょうか。

以下、転職活動の軸となるであろう会計士専門の大手転職エージェントを紹介しておきますので、少なくともこれら3つのエージェントには登録しておくことをお勧めします。

・MS-Japan

管理系職種に特化した転職エージェントです。

私も登録していますが、求人数が多く、色々と見ているだけでも非常に楽しいです。

とりあえずこれだけは登録しておくべきですので、以下にリンクを貼っておきますね。

 


・マイナビ会計士

学生時代にお世話になった人も多いであろうマイナビの会計士版です。

これも私も登録していますが、求人の質が非常に高いです。

・ジャスネットキャリア

財務経理部門に特化したエージェントです。USCPAの転職に定評があります。

 

以上、USCPAの転職活動について解説しました。

現在、転職市場は売り手市場ですので、出来るだけ早めに動き出し、エージェントを有効活用して損をしないような転職をしてください。


メニューUSCPA試験に合格した後>USCPAの転職活動について


いつもシェアありがとうございます。