名刺や履歴書への記載例について

名刺や履歴書への記載例について


メニューUSCPA試験に合格した後>名刺や履歴書への記載例について


このページでは、USCPA資格取得後の、名刺や履歴書への資格名称の記載例と記載ルールについて書いていきたいと思います。

USCPA試験に挑戦する理由として、名刺に資格名を書きたいからという人も少なからず存在するかと思います。

また、履歴書の資格欄にUSCPAを追加し、転職活動を有利に進めたいと思われている方も多いかと思います。

このような肩書の使用については法律に明確な規定がありますので、しっかりと規則を守って名刺や履歴書に記載するようにしてください。

名刺や履歴書への記載例

USCPA試験合格後のステータスは、大きく分けると、

・USCPAライセンス取得
・USCPAサーティフィケート(certificate)取得
・USCPA試験合格

の3つに分けることができます。

これらの各段階について、記載例と記載ルールを見ていきます。

USCPAライセンス取得後

ライセンス登録をすることで、州の公認会計士として認可を受けることとなります。

ライセンス登録が完了している場合にのみ、「USCPA」、「米国公認会計士」、「CPA」という呼称を使うことができます。

・USCPA
・USCPA(米国公認会計士)
・USCPA(ワシントン州)
・ワシントン州USCPA
・U.S.CPA State of Washington
・U.S.CPA Admitted in the state of Washington
・米国公認会計士
・米国公認会計士(USCPA)
・米国公認会計士(ワシントン州)
・ワシントン州米国公認会計士

などの中から、お好きなものを選択して構わないかと思います。

米国内であれば、「CPA」とだけ、記載することが多いようですが、日本国内で名刺を使用する場合は日本の公認会計士との混同を避けるために「USCPA」という記載のほうが好ましいかと思います。

USCPAサーティフィケート(certificate)取得後

グアムの場合、サーティフィケートは取得するけれども、ライセンスを取得しないという選択肢も取ることができます。

言い換えると、州の公認会計士として登録はされるが、公認会計士としての活動の認可はされていないという状態と言えます。

サーティフィケート(certificate)だけで「USCPA」、「米国公認会計士」、「CPA」の呼称を用いることができるのは、ごく一部の州だけに限定されています。

そのため、名刺や履歴書においてはこの呼称を単独で使うことは避けた方が無難です。

・USCPA(Inactive)
・グアム州USCPA(Inactive)
・米国公認会計士(Inactive)
・グアム州米国公認会計士(Inactive)

のように、「Inactive」の語句を添えておくことで、問題無く名刺や履歴書にも記載できます。

USCPA試験合格後

スコアレポートが合格の証明となります。名刺や履歴書に記入しても問題ありませんが、USCPA試験に合格しただけで「USCPA」、「米国公認会計士」、「CPA」の呼称を用いてはいけません。

州の公認会計士として、登録も認可もされていない状態にあるためです。

もし名刺や履歴書に記載するのであれば、

・USCPA試験合格者
・USCPA試験全科目合格者
・米国公認会計士試験合格者
・米国公認会計士試験全科目合格者

のような呼称を用いて、ライセンス保有者と混同しないようにしなければなりません。

 

呼称を誤って使用した場合は懲戒対象にもなりますので、充分に注意するようにしてください。

以上、名刺や履歴書への記載例とルールについて説明しました。

以下の関連リンクも是非ご覧ください。
>>USCPAの転職活動について


メニューUSCPA試験に合格した後>名刺や履歴書への記載例について


いつもシェアありがとうございます。