USCPAとは

USCPAとは


メニューUSCPAについて>USCPAとは


このページでは、USCPAとは何か、USCPA試験の難易度、USCPAとしてのステータスの種類について説明しております。

USCPA(米国公認会計士)とは

USCPA(米国公認会計士)とは、略さず正式名称で書くとU.S. Certified Public Accountantであり、アメリカでの公認会計士の資格を指します。

日本にも公認会計士の資格は存在しますが、日本の公認会計士は、ほとんどが監査法人という会社で働くことになります。

一方、USCPA(米国公認会計士)の有資格者は、監査法人だけでなく、一般の事業会社の経理や経営管理、内部監査部門など、非常に幅広い分野で活躍しています。

日本の公認会計士とは異なり、USCPAは監査法人で勤務する人の方がむしろ少数派であると言われております。実際、USCPAの有資格者である私も、監査法人ではなく、メーカーの経理部門にて勤務しております。

このように、選択肢の幅がとても広く、色々と潰しが効くという意味でも、USCPAはお勧めできる資格です。

 

また、米国公認会計士協会(AICPA)はカナダ、香港、オーストラリア、メキシコなどの国々と国際相互承認協定を結んでいます。

これらの協定を結んでいる国々では、USCPAのライセンスがあれば、これらの国の公認会計士と同じように業務を行うことができます。

日本の公認会計士制度にはこのような仕組みは存在しませんので、日本の公認会計士よりも会計士資格をグローバルに活用できるといった点では、互換性の高いUSCPAの方が国際的には価値のあるものとなります。

 

なお、米国での公認会計士資格は各州ごとで取得・登録されますので、ライセンスを登録する際に必要な学歴要件や実務経験の要件も、各州によって異なります。

受験に出願したり、ライセンス登録を行う際には、その点に留意する必要があります。

以下のページや各予備校のウェブサイトも参考に、出願する州を決めるようにしてください。
>>出願する州を決める

USCPAの難易度について

有名ですので既にご存知かもしれませんが、米国の弁護士試験は、日本の弁護士試験よりも簡単です。

弁護士試験だけでなく、公認会計士試験についても同様のことが言えます。

米国の公認会計士試験の方が、日本の公認会計士試験よりも簡単です。

 

日本の士業の資格は、特定分野のプロフェッショナルであり、深い専門知識を有していることを意味します。

少し強い言い方をすると、既得権益を守るために受験生を「不合格にさせる」ための試験です。

一方で、米国の士業の資格は、業務を行うにあたり必要な知識を有していること、つまり会計専門職の登竜門としての意味合いを持つものであり、難易度は低く設定されています。

日本の公認会計士とは逆に、USCPAは「合格させる」ための試験であると言うこともできるかと思います。

なお、USCPA試験の難易度については、以下のページでより詳しく解説しております。
>>USCPA試験の難易度について

 

USCPAのステータスについて

次に、USCPAのステータスについて説明します。

試験合格、サーティフィケート取得、ライセンス取得、の3つの段階を追って、解説していきます。

USCPA試験全科目合格

USCPA試験の全科目に合格しても、それだけでは単なるUSCPA試験合格者という立場です。

早く名刺に資格名を記載したい気持ちは分かりますが、この時点では、まだ「USCPA」ではありません。

そのため、この段階では名刺等に「USCPA(米国公認会計士)」と記載することはできず、「USCPA(米国公認会計士)試験合格者」というような肩書になります。

Certificate(サーティフィケート)取得

全科目に合格するとCertificate(サーティフィケート)というものを取得することができます。

いわば、資格証明書のようなものです。

ほとんどの州は、このCertificate(サーティフィケート)取得と、License(ライセンス)取得が同時に行われますが、グアムについては、Certificateのみを取得することが可能です。

この場合の肩書としては、「USCPA(米国公認会計士)Inactive」というような肩書となります。

公認会計士ではあるものの休止状態である、というようなイメージを持っていただければ結構です。

Certificateを取得することで、一応は「USCPA(米国公認会計士)」と公に名乗ることができるようになります。

しかし、これだけではUSCPAとしての営業活動や業務を行うことはできません。

License(ライセンス)取得

各州にLicense(ライセンス)登録を行うことによって、営業許可を得ることとなり、USCPAとしての営業活動や業務を行うことができます。

この時点で初めて、名刺や履歴書にも「USCPA」と記載することができます。

一度交付されたLicense(ライセンス)をいつまでも有効にしておくためには、定期的にCPE講習を受け続けることにより、最新の会計基準や法規の知識を身に付けておく必要があります。

 

以上、繰り返しになりますが「USCPA全科目合格」「Certificate(サーティフィケート)取得」「License(ライセンス)取得」という3つの段階があります。

ライセンス登録には更に追加で費用も掛かりますので、このうちどこまで目指すべきか、という問題になってきますが、私は「License(ライセンス)登録」まで行うことをお勧めします。

 

基本的には試験合格してからライセンス登録をするまでに、登録期限というものは存在しません。

しかし将来的に法改正により、各州のライセンス登録要件が変更されてしまい、日本人のライセンス登録が急に難しくなってしまうという可能性も考えられます。

そのため、出来るだけ早いうちに半永久的に有効なステータスである「License(ライセンス)」を登録することをお勧めしております。
>>ライセンス登録について

以上、USCPAについて解説しました。

資格名称の記載方法については、以下のページもご覧ください。
>>名刺や履歴書への記載例について


メニューUSCPAについて>USCPAとは


いつもシェアありがとうございます。