MBAを取得するべきか、USCPAを取得するべきか

MBAを取得するべきか、USCPAを取得するべきか


メニューUSCPAについて>MBAを取得するべきか、USCPAを取得するべきか


転職やキャリアアップのためのツールとして、何かと比較されがちなMBA(経営学修士)とUSCPA(米国公認会計士)ですが、どちらを取得するべきなのでしょうか。

このページでは、MBAとUSCPAそれぞれのメリット、デメリットを紹介していきます。

MBA(経営学修士)とは

MBAは、資格ではなく学位です。

ビジネススクールにおいて、企業の経営者として必要な知識、人脈、経験などを得るために、ビジネスに関する幅広い知識を学習することとなります。

一口にMBAと言ってもピンからキリまであり、どのビジネススクールでMBAを取得するかによって、MBAの価値や評価は大きく変わってきますので、スクール選びは慎重に行う必要があります。

国内MBAでは海外に出たときに評価を得られない可能性がありますので、欧米の大学の海外MBAをお勧めします。

入学にあたっては、大学卒業、数年の実務経験、英語能力などを入学資格として課しているところが多いようです。

勉強は非常にハードで、論文試験やプレゼンも多いので、まず英語力が無ければ授業に付いていくことは難しいかと思います。

USCPA(米国公認会計士)とは

MBAのような学位ではなく、公認会計士の資格です。

ビジネス全般というよりも、会計、ファイナンス、監査、税務の部分に特化された専門家と言えます。

ライセンス登録は州に対して行いますが、どの州でもUSCPA試験の難易度は同じですので、受ける評価は基本的に同じです。

アビタスやプロアクティブといった日本の専門学校から日本語のテキストも出ておりますので、比較的英語が苦手な人でもとっつきやすい資格かと思います。

 

次に、それぞれのメリットデメリットを紹介していきます。

まず、MBAのメリットは以下の通りです。

MBAのメリット

・広く深い知識を得ることができる

ビジネスに関する、より実学的な内容を長期間にわたって勉強することとなります。

USCPAでは学習しないような、経営戦略やマーケティングに関する知識を習得することもできますし、単純な知識の詰め込みだけではなくケーススタディのような形式で実践的に学ぶことができます。

USCPAのようにテストで点を取るための知識を付けるだけではなく、問題を解決する力や経営視点で物事を見る力を醸成することができます。

・将来の経営層への道しるべとなる

外資系企業の経営者層は、MBAホルダーの比率が非常に高くなっています。

名門大学のMBAを取得することができれば、このようなキャリアプランへの道のりも開けてきます。

・人脈を形成できる

濃い人間関係の中で、将来的に役立つ人脈を構築することができます。

USCPAは個別学習や一方的に講義を受けるだけのスタイルで学習を進めることが多いために人間関係の構築は難しく、この点はMBA取得後も大きなメリットになります。

・維持費用が不要

USCPAであれば、ライセンス更新料やCPE(継続教育)として年間約1.5~2万円の出費が必要となります。

一方で、MBAは学位ですので、このような毎年の維持費は必要ありません

 

次にUSCPAのメリットは以下の通りです。

USCPAのメリット

・短期間で取得できる

MBAであれば準備期間を含めると3年程度は必要となりますが、USCPAであれば1年以内で取得が可能です。

また、長期間にわたって大学やビジネススクールに通う必要が無く、フルタイムで働きながらでも取得することができます。

・安いコストで取得できる

MBAの場合は学費と諸費用を合わせて1,000万円近い出費となりますが、USCPAであれば100万円以下の出費でライセンスを取得できます。

なお、MBAの場合において、学費はビジネススクールによっても大きく異なります。学費だけで1,000万円近く掛かるところもあるようです。

・特定の領域では高い評価を受けられる

会計部門や財務部門などの特定の分野においては、スペシャリストであるUSCPAライセンス保有者は、ジェネラリストであるMBAホルダーよりも高い評価を得ることができます。

 

以上、最終的に目指すゴール地点によって取得すべき資格は変わってきます。

全体的な傾向として、MBAについてはコストや時間の面から取得は困難ですが、得られる知識や人脈は素晴らしいものがあります。

一方でUSCPAについては気軽に取得できますが、実学的な深い知識まではなかなか習得しきれないといった特徴があります。

また、身に付く英語力にも圧倒的な差があります。MBAはプレゼンや論文の山ですので、嫌でもリスニング、スピーキング、ライティングの力が付きますが、USCPAはせいぜいリーディングの力しか身に付きません。

 

上記をまとめると、経営者志向が強ければMBA、会計分野のプロフェッショナルを目指すのであればUSCPAが適しているかと思います。

ただ上にも書いた通り、MBAを取得するためには強い意志と決意、そして財力が必要となります。

社会人が片手間の自己啓発として軽い気持ちで取り組むのであれば、USCPAを選択することを強くお勧めします。

 

以上、MBAとUSCPAの特徴をご紹介しました。

ご自分のキャリアプランと照らし合わせて、適している方を選択するようにしてください。

他の資格に関するリンクも貼っておきますので、是非ご覧ください。
>>CIA(公認内部監査人)の資格について
>>BATIC(国際会計検定)について


メニューUSCPAについて>MBAを取得するべきか、USCPAを取得するべきか


いつもシェアありがとうございます。