日本人の合格率について

日本人の合格率について


メニューUSCPAについて>日本人の合格率について


このページでは、日本人受験者の各科目別合格率について解説しております。

日本人がUSCPA試験に合格することは、どれほどの難しさなのでしょうか。

まず、巷で言われているUSCPA試験の合格率を紹介します。2017年度試験の全世界での合格率で、AICPAウェブサイトからの引用です。

2017年度 全世界での合格率

FAR 44.42%
BEC 52.99%
REG 47.24%
AUD 48.59%

おっ、意外と結構簡単な試験なんだな、と思われる人が多いかもしれません。

専門学校もこれらの合格率を自社のウェブサイトで紹介し、簡単な試験であることをアピールして受講生を募っています。

しかし、この合格率には隠された数字のマジックが2つあります。

1つは全世界での合格率であること、もう1つはあくまで科目合格の合格率であることです。

日本人の合格率

まず1つ目は全世界での合格率であることです。受験生の9割以上はアメリカ人であり、日本人受験生は1割にすら届きません。

年間約10万人の受験者数のうち、日本人受験者は約2,000人です。2%程度ですね。

実は、NASBAのウェブサイトにて、国別の受験生の合格率も公開されています。

NASBAのウェブサイトで紹介されている日本人受験生の各科目の合格率は30%程度です。BECAUDに至っては、20%台という有り様です。

以下、少し古いですがNASBAウェブサイトからの日本人合格率の引用です。

2014年度 日本人の合格率

FAR 38.4%
BEC 28.1%
REG 28.6%
AUD 36.4%

なんと、日本人受験者の合格率は、アメリカ人受験者よりも20%近くも合格率が低いのです。衝撃の事実ですね。

マトモにアメリカ人と戦えているのはFARくらいでしょうか。

BECについては、アメリカ人受験生の間では最も簡単な科目と言われていますが、日本人受験者はWC問題(Written Communication)の英文論述問題で大きな差が付いていると想定されます。

WC問題は15%の配点ですが、試験対策上はWC問題を捨てることなく、しっかりと部分点を確保していきたいところです。

AUDについては、単純に英語力の差と思われます。AUDは計算問題の占める比率が小さく、文章を読んで文章で答える形式の問題が多くを占めます。

英語の読解力が低い日本人にとっては、膨大な文章量を前にして、試験時間が若干足りなくなる傾向がありますので、合格率を押し下げているものと思われます。

 

日本の公認会計士や税理士は、受験料が安く、受験要件も緩いことから、俗に言う記念受験も多いと言われています。

その一方で、USCPAは、受験料が高く、受験要件も厳しいことから、実質的な競争率は非常に高いです。

米国であれば、M&A取得後に受験する人が多いようですし、日本会場においては公認会計士の有資格者も多く受験しています。

総じてスペックの高い層が受験していますので、その中で合格を勝ち取る必要があります。

全科目合格者の比率

もう1つ、公表されている数値はあくまで科目合格の合格率です。

USCPA試験においては、科目合格の有効期限は18ヶ月であり、この期限を超えると科目合格が失効してしまいますので、これを無視しては語れません。

科目合格を失効することなく、実際に4科目合格まで辿り着く受験生は、全体の何%程度でしょうか。

正式なソースは存在しないので、あくまで単純計算での推測になりますが、各科目の合格率は30%と仮定し、1つのクォーターに1科目ずつ受験し続けた場合、1科目目を合格したのち、残り18ヶ月(6クォーター)の有効期限内に残り3科目を合格できる確率は、概ね25%となります。

たとえ1年半かけて真面目に勉強を続けても、それ以外の75%の人については、4科目が揃う前に1科目目の科目合格が失効してしまうという計算になります。

また、全ての科目をストレートで合格する確率は、単純計算ですが30%の4乗で、約0.8%の狭き門となります。

と、だいぶ脅しをかけましたが、しっかりと対策すれば問題なく合格することができる試験ではあります。

上でも述べたとおり、母集団のレベルが高いことも踏まえると、世間で言われている合格率よりもなかなか厳しい戦いになることを理解しておいてください。

 

以上、一般的に言われている合格率ではなく、日本人合格率について解説しました。

勉強すれば合格できる試験ではありますが、巷で言われているよりは難しい試験なので、ナメてかかると痛い目を見ます。

油断せずに、しっかり試験勉強に取り組んでください。皆さんが合格を勝ち取られることをお祈りしております。

以下の関連リンクも是非ご覧ください。
>>USCPA試験の難易度について
>>各科目の難易度・ボリュームについて


メニューUSCPAについて>日本人の合格率について


いつもシェアありがとうございます。