USCPA試験の過去問題・例題について

USCPA試験の過去問題・例題について


メニューUSCPAについて>USCPA試験の過去問題・例題について


USCPA試験について、公式の過去問題集というものは出版されておりません

その理由としては、コンピューター試験ですので人によって出題される内容が異なることや、試験問題を持ち帰ることができないこと、試験問題を他人に公言することも禁止されていることが挙げられるかと思います。

新規作成された試験問題は、点数の付かないダミー問題として事前に正答率のデータを取った上で、その難易度に応じて配点が設定されます。

その後、別のクォーターで点数の付く問題として試験で出題されると言われています。

そのため、同じ試験問題が複数のクォーターに亘って出題されることになるため、過去問題集を出版できないという事情もあるように思います。

 

ただ、過去問そのものではありませんが、過去に出題された問題をベースとして作成された問題集は多く出版されておりますので、これらを元に試験対策を行うことになります。
>>Wiley、Becker、Gleim、Rogerの問題集を徹底比較

USCPA試験の受験を検討されている人で、試しに例題だけ解いてみたいという人については、AICPAのウェブサイトでチュートリアルとサンプルテストが公開されておりますので、こちらの練習問題で感覚を掴んでみてください。http://exams.aicpa.org/cpaexam/Start.html

AICPAウェブサイトより、FARから1問だけ引用します。

Question:
On January 1, year 1, a company purchased equipment for $100 million. The equipment consists of four major components, of which two components comprise 80% of the total cost and each has a 20-year useful life. The remaining two components have costs of $10 million each; one of them has a useful life of four years, and the other has a useful life of five years. The company applies the cost model to the equiment and uses the straight-line method of depreciation. Under IFRS, what is the depreciation expense for the year ended December 31, year 1?

Answer:
a:$4,000,000
b:$5,000,000
c:$8,000,000
d:$8,500,000

 

正解は(d)です。

以上、USCPA試験の過去問と例題についてご紹介しました。USCPA試験のイメージを掴んでいただけたら嬉しいです。

以下、関連リンクも貼っておきますので是非ご覧ください。

>>各科目の試験時間・問題数・配点について
>>USCPA試験の難易度について


メニューUSCPAについて>USCPA試験の過去問題・例題について


いつもシェアありがとうございます。