日本人受験者数と合格者数について

日本人受験者数と合格者数について


メニューUSCPAについて>日本人受験者数と合格者数について


このページでは、USCPA試験の受験人数と合格人数を紹介しています。

いったいどれくらいの人数が毎年USCPA試験を受験し、そして合格しているのでしょうか。

実は、AICPAやNASBAはこのような試験情報について、有償では公開しているようですが、無償ではあまり積極的に適時公開していないようです。

という訳で、少し古いデータになってしまいますが、NASBAが2014年の受験データをまとめた資料が公開されておりますので、これを元に説明していきます。
https://media.nasba.org/files/2017/01/2014JurisdictionBookNASBAWebsite.pdf

受験者数

まずは、USCPA試験の全世界での受験者数です。

NASBAが公開している2014年USCPA試験データによると、年間あたり受験者数は約91,000人です。

ちなみに、日本の公認会計士試験は年間受験者数が約10,000人ですので、USCPA試験は日本の公認会計士試験の10倍近い規模となっています。

次に、USCPA試験の日本人受験者数です。

これに占める米国人以外の受験者数は約8,600人で、そのうち日本人受験者数約1,800人を占めます。

外国人受験者8,600人のうち1,800人を日本人が占めているため、実は米国人以外の受験者の数は日本が第1位です。以下、韓国、中国と続きます。予想以上にアジア人の受験者が多いですね。

合格者数

USCPA試験の全世界での合格者数についても見ていきます。

2014年度の全世界の4科目合格者数は約26,000人でした。

ちなみに、日本の公認会計士試験については、年間の合格者数は約1,000人ですので、USCPA試験の合格者数は日本の公認会計士試験の20倍以上です。

次に、USCPA試験の日本人合格者数です。

日本人合格者数に関するオフィシャルなデータはありませんので、あくまで推定値となりますが、1,800人という日本人受験者数との比率からざっくり考えると、

26,000÷92,000×1,800≒約500人となります。

ただ、この500人という数値は、あくまで日本人の合格率がアメリカ人の合格率と同等と仮定した場合の話です。

実際は、アメリカ人の科目合格率は約50%、日本人の科目合格率は約30%ということを考えると、 日本人の年間合格者数300人程度といったところではないでしょうか。

こう考えてみると、日本の公認会計士試験の合格者は年間約1,000人であるのに対して、日本国内においてはUSCPAには年間200人程度しか合格していません。

そのため、USCPAはレアで希少価値の高い資格と言えるのではないかと思います。

各国の受験者数と合格率

最後に、参考までに日本以外の国々の受験者数と合格率も見ていきます。東アジアと中東の受験者が多いようです。


https://media.nasba.org/files/2017/01/2014JurisdictionBookNASBAWebsite.pdf

こちらも、2014年度のデータについて、NASBAウェブサイトからの引用です。

1位 日本
受験者数:約1,800人 平均合格率:32.8%
恥ずかしいことに、他国と比較してもずば抜けて合格率が低いです。日本人は良い金づるになってしまっていますね。

2位 韓国
受験者数:約1,300人 平均合格率:44.1%
非英語圏の中でも高い合格率を誇ります。さすが受験大国とも言うべきでしょうか。

3位 中国
受験者数:約1,000人 平均合格率:46.3%
こちらも非英語圏にもかかわらず、合格率は素晴らしいです。特筆すべきは受験者数の増加で、3年間で2倍以上のペースで増えています。

4位 アラブ首長国連邦
受験者数:約600人 平均合格率:39.1%
意外な国が4位にランクインです。東アジアに続いて、中東での受験者も多いようですね。

5位 インド
受験者数:約600人 平均合格率:34.9%
英語や数学が得意な国のはずですが、日本並みの低い合格率となっています。

6位 カナダ
受験者数:約400人 平均合格率:47.9%
流石英語圏ということもあり、高い合格率を誇っています。

7位 サウジアラビア
受験者数:約300人 平均合格率:38.5%
近年、中東の受験者が著しく増加しています。

8位 エジプト
受験者数:約300人 平均合格率:45.4%
同じく中東からランクインです。高い合格率となっています。

9位 台湾
受験者数:約300人 平均合格率:40.3%
韓国や中国よりは低いですが、日本に比べれば高い合格率となっています。

10位 ヨルダン
受験者数:約200人 平均合格率:41.9%

 

なお、科目別の日本人合格率については、下記を参照ください。日本人はBECやAUDの合格率が低い傾向にあります。
>>日本人の合格率について

以上、USCPA試験の受験者数と合格者数でした。このページが皆さんの参考になれば幸いです。


メニューUSCPAについて>日本人受験者数と合格者数について


いつもシェアありがとうございます。